タイムカードはここまで進んでいる

バナー

タイムカードはここまで進んでいる

勤怠管理としてよく使われているタイムカードですが、紙を機械に通してその紙に出勤と退勤時間が印字されるというものが主要です。しかし、その考えを覆すようなタイムカードも今では存在しています。

それは、専用のICカードをかざすだけでデータがパソコン上に保存され、勤怠管理が簡単にできるというものです。

専用のICカードは必要にはなりますが、社員証として使うこともでき、インクジェットプリンターで簡単に印刷することができます。

つまり、一人一人顔写真や名前をそのICカードに印刷することができるため、他の人と違いがわからなくなるという心配はありません。出勤、退勤の時刻のみではなく、休憩または外出に関する記録ができる機種もあるため、フレックス制の職場や年休で中抜けするといったことに対応することもできます。

マイナビニュースに関する予備知識が満載です。

困ったときには、メーカー会社がフリーダイヤルサポートを行っているところもあるため、機械が苦手で心配であっても、困ったときにすぐに相談に乗ってもらうことができます。ICカードタイプのタイムカードのメリットとしては、定期的にタイムカードの印字のための紙を用意する必要がなくなるため、経済的にも低コストで済ませることができます。
データはパソコンに送信されるため、紙をみてパソコンに入力しなおすという手間も省くことができます。



業者によってはBluetouchの機能が付いているため、コードレスでパソコンにデータの送信ができます。
タイムカードの機械も進化してきています。



今後も紙に頼らない機種が開発されるかもしれません。

Copyright (C) 2015 タイムカードはここまで進んでいる All Rights Reserved.